旦那 イビキ

旦那 イビキ

旦那が先に寝るとイビキの音が耳につく

 

 

"ほぼ、毎日ように大きい音でイビキをかいて寝られます。寝入る頃の呼吸だけ静かで後は基本、イビキをかいて寝ています。結婚してしばらくは、聞きなれないイビキにイライラしてしまい、先に寝られると寝れなくなるため、先に寝かせてもらっていました。

 

3呼吸ほどしたらイビキをかくような感じなので同時にねることはほぼありません。相手が疲れて先に寝てしまう日は必ずイビキの音もいつもよりも倍増して大きい音なので、何回も、体を揺すったり、肩を叩いたりしてうるさいアピールをしますが、静かになるのは、3呼吸ほどで、すぐに大きいイビキが始まるため、なかなかこっちは寝付けません。自分も疲れて早く寝たいと思ってる時と被ると、余計に、いびきの音が耳につくため精神的に苦痛になってきて余計に自分が寝られなくなります。イビキをかいてる本人は自分のイビキの大きさに気づけることがないので、私が、日常会話の中で訴えても大袈裟に言ってるとしか思ってもらえないこともありました。"

 

 

寝る部屋を隣同士にしました。

 

 

イビキがうるさくて、苦痛でしたが、私自身、一人で寝るのも心細くて一緒に寝て欲しかったのでうるさい中でも一緒に寝ていたのですが、あまりにもうるさくて、子どもたちも起きてしまうので、イビキ外来に通ってほしいと懇願したことがあります。でも、本人は、そこまで被害を被らせているほど、大きいイビキをかいてるつもりはないし、そこまで迷惑しているなら、隣の部屋で寝るのはどうかと提案されたので、実践してみることにしました。正直、同じ部屋で大きいイビキをかかれていると苦痛でしたが、隣の部屋にいくだけで少し距離が出来るので全然ストレスが違いました。でも、全く聞こえないというわけではありませんし、相手が疲れている日は離れていても、耳障りになるほど大きい音で聞こえることもあります。一軒家なので、上の部屋と下の部屋で寝たこともありますが、上で寝ても下で寝ても、音は響くので、深夜ですし、耳につくのは、同じだなと感じたこともあります。でも別室で寝るだけで普段の睡眠は穏やかに寝ることが出来るようになったので実践してよかったなと思っています。

こんな記事も読まれています♪

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ